肌老化の原因は【光老化が80%】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

見た目年齢を老けさせる肌老化の原因は「光老化」が80%なんです。
見た目年齢は実年齢より少しでも若く見られたら嬉しいですよね?
「光老化」を知り、「光老化」を起こさないよう対策をしましょう。

「光老化」の原因の外紫外線には波長の長さによってUV‐A、UV‐B、UV-Cがあります。
紫外線は波長が長いほど皮膚の深くに入り込み、
波長が短いほどエネルギーが強く皮膚への影響も強くなります。
(UV-Cは一番波長が短いので地上には届きません)

最も「光老化」の原因となるのが波長の長いUV-Aです。


地表に届く全紫外線の約95%はUV-Aなんです。
UV-Aは、波長が長く、肌の表皮も通り抜けて真皮まで浸透します。

真皮は、肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンなどの繊維があるのですが、
UV-Aが真皮まで到達するとこの二つの繊維を壊してしまうのです。

その結果、シワやタルミが発生しやすくなります。

肌を老化させるUV-Aから肌を守ることはとても大切です。
雲も、窓ガラスも透過してしまうUV-Aはどうしても肌に影響を受けやすくなります。
晴れた日にしか心配のないUV-Bの20~30倍も影響があります
UV-Aを防御できるように、日々の生活の中で紫外線対策をしっかり行うことと
屋外だけではなく室内にいるときも日焼け止めを塗るなどの工夫が必要になります。

日焼け止めのUV-Aを防ぐ指数はPA(UV-A防御指数)といって 「+」~「++++」のように
「+」の数で表示されます。
「日焼け止め」というとSPFで選びがちですが、「PA」もしっかり確認して選んでくださいね。

UV-Bは全紫外線の約5%です。(以外と少ないことに驚きです)
UV-Aと比べて波長の短いUV-Bは強いエネルギーを持ち、表皮に日焼けを起こします。
UV-Bを浴びるとやけどをしたように肌を赤く炎症させたり、メラニン色素が沈着して
シミやソバカスの原因になります。
天気の良い日は日傘、帽子、スカーフ、サングラスなどで直射日光を避けましょう。
日焼け止めのUV-Bを防ぐ指数はSPF(紫外線防御指数)で、30とか50などと表示されています。

肌老化の原因は「光老化」が80%です。
今からでも遅くありません。
「光老化」をこれ以上進ませないように紫外線 UV-A、UV-B ともに防ぐために
日焼け止めは季節を問わず、毎日日常的に使いましょう。
最近は衣類でもUVカット効果のあるものが多いので
お洒落を楽しみながら、サングラスやスカーフ、帽子、日傘なども使って
「光老化」しないように気をつけましょう。


 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

PAGE TOP